電話加入権をオトクに利用する~通信応援ナビ~

カップル

新しい電話の形式

スマホ

最近は携帯電話を保持しているのが一般的な時代になりました。観光旅行や出張は当然の事、ビジネス用、ストーカー対策など多種多様な使途に役立っています。そうした中、携帯レンタルにはいろいろなメリットがあり、簡単に手続きができます。

ネット利用の勧誘

オペレーター

プロバイダーの乗り換えを促す勧誘電話が増えています。こうした電話がかかってきた場合、すぐに応じるのは避けた方がいいでしょう。必ず、現在のプロバイダーとの契約を確認してからにしましょう。いまはランキングサイトも充実しています。

携帯の便利な使い方

PC操作

携帯電話の大手キャリア同士が顧客獲得にしのぎを削る中、低コストを売りに登場したのが格安SIMです。こちらは家電量販店や小売店をはじめとした様々な会社が独自に運営する回線を利用したSIMで、大手に比べてかなり安い費用で利用できます。

固定電話を利用できる権利

電話

価格の推移

電話加入権とは、専用の電話回線を使って、電話をかけたり受けたりすることのできる権利です。電話加入権を購入することで、独自の電話番号をもらい、それを利用できるようになるのです。電話加入権の価格は、時代の流れとともに大きく変わっています。電話事業は1980年から始められたのですが、当時は設置料金は無料となっていました。しかし固定電話の需要が高まるにつれて千円、4千円と、価格も徐々に高くなっていったのです。ピークとなったのは1976年で、具体的には8万円に設定されました。しかし2000年代になると、携帯電話が普及してきたことから、固定電話の新規の利用者は減ってきました。そのため電話加入権の価格も安くなり、現在はピーク時の約半額となっています。携帯電話の普及率はどんどん高まっているため、電話加入権は将来的には廃止されるという説もあるのです。

災害時の安否確認

しかし、新規の利用者は減っているものの、固定電話の需要がなくなったわけではありません。それどころかむしろ、その必要性は高まってきています。というのも、固定電話は携帯電話と比較すると、回線における安定性が高いのです。携帯電話の場合、混雑しているとつながりにくくなる可能性がありますが、固定電話の場合はそのようなリスクが少なめとなっています。日本は古くから地震が起こりやすい国ですし、首都圏では近い将来に大きな地震が来ると言われています。そのような場合でも、混雑時にも連絡をとりやすい固定電話なら、身内などの安否確認をしやすいです。このメリットから、固定電話には人気がありますし、電話加入権を手放さず持ち続けている人が多くいるのです。万が一の事態に備えて、これから電話加入権を入手しようという場合は、新規で申し込む方法と中古の権利を購入する方法があります。新規加入に比べ、中古の電話加入権はとてもリーズナブルに購入できるので、加入の費用を抑えたい方にはうってつけでしょう。電話加入権を販売している業者は多数あるので、信頼性の高い業者から権利を購入するように心がけましょう。